LIFE-HEART MESSAGE
『芸術』の美学
Life-Heart Message.  2008.02.11.


ドイツの哲学者マックス・シェーラーは、芸術の働きについての論説の中で、『芸術の目的は、
おそらく余分な、すでに与えられたものを再生することではなく、一時的であり、従って
当然他の人々には全く興味のない主観的な空想の、純粋な遊びの中で何かをつくることではなく、
外部世界と魂の全体に押し入り、それまで規則と慣習が隠していた内なる客観的実体を見、
それを伝達する事である』と言った。

芸術の女神と言う主題は大変古く、最古の時代以来人間の想像の中にあった大地の母という
考えに見出される。
大地の母は生と死の環の神秘と、世界の生命力を内包した自然の擬人化であった。
無数の女神がそれから発生し、無数の神話と信仰に現れるのである。
それらは性的、生殖的、母性的側面から、しめやかで霊的な側面までのあいだの多数の相を
象徴している。
女神の絵と彫刻のイメージのモデルとなったのが常に女性であった。

歴史的に見ると紀元前約6500年から3500年の間に、ナイル河の土で作られた先史時エジプトの
土偶の女神がある。
形と姿勢が大地の母なる女神の性的、生殖的な面を暗示しているようで、何かの儀式の際に
使われたものであろう。

原始文化では芸術は人生のためのものであった。
古代ギリシア人が彫刻で愛の女神アフロデイテを創造したとき、彼らはアフロデイテを個人、
人がそれを認める特定の人にすることによって、女性というものの根源的で一般化した
考えを人間化したのであった。
この知的、精神的に洗練された美しさをもっていたにもかかわらず、アフロデイテは愛の
行為の女神に止まったのである。

このギリシアの女神の彫刻のイメージは、主題として神と同じ形で人間の姿を借りている
のに対して、エジプトの粘土の女神は、粗野で原始的な半獣半女という生物である。
だがこの土偶の方はある観念よりも、特定の人間の経験を超えて、女性の神秘的で不思議な
力を得ている。
アフロデイテの理性的で優雅な美しい彫刻が人間的になったとき、その神秘の力の大部分が
失われてしまったことがわかる。

ウイリアム・ブレイクは『ギリシアの彫刻はすべて死すべき消滅しゆく視覚器官に対する
精神的存在、不滅な神の表象である。
しかもこれらは固い大理石の中に表わされ、組み立てられる。』と言ったが、エジプトの
土偶の女神ときわめて対象的である。
無名のエジプト人の作った女神は、自然を全体として見る本能、人生についての様々な
出来事を一つのイメージに結びつける本能、そして人間それ自身に関する限り、神話的
あるいは精神的な問題を、深く、神秘的で未解決のものとして残しておく本能があった。

モンドリアンは言った、『芸術は、直感がますます意識的になり、本能がますます浄化
されることを示す。・・・
直感は啓発され、純粋な思考とつながる。
そしてそれらが一緒になって、単なる頭脳ではなく、計算する代わりに感じ、考える知性
となる。
それは芸術と人生の両面において独創的である』

私たちの想像に翼を与えるのは、精神の無意識の深奥の働きであるのだ!!


未来創庵 一色 宏